タクシーに乗ったらこんな運転手だった!あるあるな運転手

お喋りがとまらない運転手

タクシーの運転手には色々なタイプの人がいて、ひたすら黙って運転する人もいれば、ずっとお喋りをしてとまらない人もいますね。自分が疲れているときは静かにタクシーに乗りたいと思う人も多いですよね。でも逆に誰かと話したい、この話を聞いてほしいと思う時もあります。そんな時、運転手の人に話しかけられ、これは話すチャンスと思い、話はじめても、いつの間にか運転手の話を自分が聞いているというのは、あるあるなパターンです。

ラジオのボリュームが大きい運転手

タクシーに乗った瞬間、ボリュームが大きく、行き先を言っても聞こえないことがあります。ラジオのボリュームが大きすぎて聞こえないのか、運転手の人の耳が悪くて聞こえないのか、判断が難しいこともありますね。もう少しボリュームを下げてほしいなと思っても、なかなか言えないのが、タクシーに乗った人のあるあるです。運転手が大きな声で会話していたら耳が遠い可能性が大きいので黙ってタクシーに乗っていましょう。

見かけによらず運転が荒い運転手

話し方はゆっくり優しく、ニコニコして穏やかそうな顔をしているのに、運転すると急ブレーキ、急発進でまるで誰かに追われていて、逃げているかのような運転をする人、タクシーの運転手でも中にはいるのではないでしょうか。確かに目的地には早く着きます。トロトロと運転されるよりもいいかもしれません。でもタクシーに乗っている間は、ハラハラドキドキで運転から目が離せなくなってしまいます。少しのスリリングを味わいたい人には、おすすめなのかもしれません。

役員運転手の職を探している場合、仕事探しの情報誌や、知人の紹介等で職を得る方法があります。運転免許が必要です。

こんな人がタクシー運転手に向いている!たくさん稼げる人の特徴とは?

研究熱心で向上心がある人

タクシー会社のほとんどが成功報酬を採用しているので、タクシー運転手は真面目にコツコツと働く人に向いている職業です。ただ待っているだけだったり、適当に走っているだけだとお客さんを効率よく見つけることができないでしょう。どこにお客さんが集まるか研究したり、長距離狙いではなく、都心でワンメーター、ツーメーターの近距離のお客さんを狙い撃ちする方が稼げるなど、研究熱心で向上心がある人ほど収入がアップしていきます。

コミュニケーションが得意な人

タクシー運転手は運転が得意なだけでは稼ぐことはできません。もちろん乗客を目的地まで安全に送り届けることが第一ですが、タクシー運転手は接客業でもあるので、乗ってくれたお客さんが満足してくれるような話術が必要になります。緊張しているお客さん、話好きのお客さん、性別や年齢によって会話の内容や対応を変える柔軟性が必要になってくるでしょう。お客さんが満足してくれたなら、固定客になってくれたり、また利用してもらえる機会が増えて売り上げアップに繋がります。

記憶力が優れている人

タクシー運転手には覚えなければならないことが多く、記憶力がないと売り上げをあげることは難しいでしょう。タクシー運転手である以上、まずは道を覚えなければなりません。近道や抜け道を知らないと、渋滞にハマってしまいライバルに差をつけられてしまいます。利用客がどこに集まっているのか、天候や時間帯によって稼げる場所も大きく変わってくるので、それらの細かい情報を記憶しておくことが大切です。タクシー運転手は行き当たりばったりではいけません。

運転手派遣とは、役員専属の運転手や送迎バスの運転手などの従業員に対する人事管理コストの削減を目的として依頼するサービスで、緊急な事故にも対応するサービスも含まれます。