初めてでも簡単に挑戦できるオリジナルの紙袋

オリジナルの紙袋は自分で作ることも可能

店舗やサークルで物を販売する際、オリジナルの袋を使っているところは少なくありません。オリジナルの店舗名などが入った袋を持った客が街中を歩けば、様々な人に店の存在を知ってもらえるきっかけにもなります。ワンポイントを印刷した紙袋なら、作り方も簡単なので初心者でも挑戦しやすいでしょう。もし、小さな店舗やサークル等で枚数が少ない時は自分たちで作成するという方法もあります。その場合は、無地の紙袋をまず用意してください。次に、プリントしたいマークや文字を考えパソコン上でデータを作成します。作成したデータを家庭用プリンターでシールタイプの用紙にプリントアウトし、紙袋に貼り付ければ完成です。小さい袋なら、模様等をプリントアウトした紙で作ってみるという方法もあります。

枚数が多い時は依頼した方がオススメ

家庭用プリンターがあれば、オリジナルの紙袋は簡単に作ることができます。しかし、大型の店舗やサークルで大量に袋が必要な時は1つずつ作っていくというのは大変です。枚数が必要な時は印刷屋に依頼した方が簡単なだけでなく、1枚あたりのコストも抑えられるでしょう。業者に作成を依頼する際は、既存の紙袋に用意したマークや文字を印刷してもらいます。印刷してもらいたいデザインは、手書きで作成しても大丈夫です。デザインするときは、1色刷りかフルカラーなど印刷方法を最初に選びましょう。1色刷りの時は、黒一色で原稿を作成していきます。フルカラーの時は、蛍光色など印刷で再現できない色もあるので注意が必要です。

紙袋の印刷は、ショップの買い物袋やノベルティーなどで使用されることが多くあります。オリジナルのデザインでもWebから簡単に注文することができるものも多くあり、最低注文数や価格などはさまざまです。