今やタイムレコーダーもアプリやクラウドで行う時代!

タイムレコーダーアプリってどんなものなの?

タイムカードによる手作業で行っていた勤怠管理と、その集計や給与計算作業、これは企業にとって大きな負担になる作業です。そんな手間を軽減してくれるのがタイムレコーダーアプリです。最近では勤怠管理に加え、勤怠の自動集計・給与計算もアプリ一つで行える便利なものもあります。導入方法も非常に分かりやすいものが多く、アプリをインストールしてアカウントを作成すれば良いというものまであります。

タイムレコーダーアプリの特徴とは?

タイムレコーダーアプリのメリットは手軽に導入でき、勤怠関連の作業にかかる時間を短縮できるという他にも、不正を防ぐという事が出来るメリットもあります。タイムレコーダーアプリには指静脈認証や顔認証など、本当にその人ではないと出退勤申請が出来ないタイプの方法を提供しているアプリも少なくありません。こうした不正を未然に防ぎ、余計な経費を抑えることが出来るという事もアプリを導入するメリットの1つです。ただ、こうしたアプリを導入する時は、社内の他のシステムとの連携が出来るかどうかという事を確認しておく必要があります。

アプリとも違う、クラウド勤怠管理システムとは?

さらに最近ではクラウド勤怠管理システムというのもあります。勤怠管理をクラウド上で行う最大のメリットは、アプリのようにソフトをインストールする必要が無いという点です。アプリのインストール作業には時間がかかりますし、何より全従業員のスマートフォンなどに対応させなければいけません。クラウド型の物であればそうした手間が省けるほか、自社でシステムを作成しなくても良いというメリットもあります。ただクラウド型の物は、ITシステムに慣れていない人には若干使用しにくい可能性があるという点に注意が必要です。

タイムレコーダーは、職場内の社員の出退勤時間の管理だけでなく、休暇の申請状況も把握することができます。

初めてでも簡単に挑戦できるオリジナルの紙袋

オリジナルの紙袋は自分で作ることも可能

店舗やサークルで物を販売する際、オリジナルの袋を使っているところは少なくありません。オリジナルの店舗名などが入った袋を持った客が街中を歩けば、様々な人に店の存在を知ってもらえるきっかけにもなります。ワンポイントを印刷した紙袋なら、作り方も簡単なので初心者でも挑戦しやすいでしょう。もし、小さな店舗やサークル等で枚数が少ない時は自分たちで作成するという方法もあります。その場合は、無地の紙袋をまず用意してください。次に、プリントしたいマークや文字を考えパソコン上でデータを作成します。作成したデータを家庭用プリンターでシールタイプの用紙にプリントアウトし、紙袋に貼り付ければ完成です。小さい袋なら、模様等をプリントアウトした紙で作ってみるという方法もあります。

枚数が多い時は依頼した方がオススメ

家庭用プリンターがあれば、オリジナルの紙袋は簡単に作ることができます。しかし、大型の店舗やサークルで大量に袋が必要な時は1つずつ作っていくというのは大変です。枚数が必要な時は印刷屋に依頼した方が簡単なだけでなく、1枚あたりのコストも抑えられるでしょう。業者に作成を依頼する際は、既存の紙袋に用意したマークや文字を印刷してもらいます。印刷してもらいたいデザインは、手書きで作成しても大丈夫です。デザインするときは、1色刷りかフルカラーなど印刷方法を最初に選びましょう。1色刷りの時は、黒一色で原稿を作成していきます。フルカラーの時は、蛍光色など印刷で再現できない色もあるので注意が必要です。

紙袋の印刷は、ショップの買い物袋やノベルティーなどで使用されることが多くあります。オリジナルのデザインでもWebから簡単に注文することができるものも多くあり、最低注文数や価格などはさまざまです。