どんなメリットがある?法人PCをリースで導入するときのポイント

導入や契約における注意点とは

法人PCをリースで導入するには年単位など長期間の契約が必要です。使いたいPCを指定して、審査が終わり次第すぐに手配してもらえます。リース期間は物件の法定耐用年数と国の税務通達によって決まり、3~5年となるのが一般的です。リース代には保険料も含まれていて、火災などで物件が損失した場合には保険が適用されます。リース期間中の解約はできないので注意が必要です。やむを得ない事情で途中解約する場合、残りのリース代を支払ってPCも返還しなければなりません。

PCのセットアップは自分たちで行うのが基本で、付属品の交換などメンテナンスを頼みたい場合は別途保守契約を行います。PCの所有権はリース会社にあり、リース期間が終了しても所有権が移ることはありません。導入したPCに初期不良や製品不良があった場合も、すぐに交換や修理対応をしてくれるので安心です。リースの会計は売買処理となり、条件によっては賃貸借処理になるケースもあります。

リース代以外にかかる料金は

PCやネットワークの設定などオプションを追加した場合は別途料金が発生します。会社によってさまざまなオプションがあるので、まずは見積もりを出してみるのがおすすめです。リースは長期での契約が前提になるため初期費用も少なく抑えられます。迷ったときはレンタルや購入のコストと比較してから検討するのも良いでしょう。導入や契約で分からないことがあったら、リース会社へ気軽に問い合わせてみて下さい。

BTOとは注文を受けてからパーツを組んだ完成品を出荷する方式のことを指しています。この方法では既製品の在庫が残らないというメリットがあり、主に自動車やパソコン等を製造する際に用いられています。