社内報の作り方がしりたい!初心者のためのガイド

まずは「どんな企画を作りたいか」

社内報を作るにはどんな内容の企画を掲載したいかを考えることから始まります。会社によって異なりますが、社内情報・理念の共有、モチベーションをあげるためなどに活用されています。社内報のコンセプトによって方向を決めていきましょう。例えば「部署の紹介」では接点の少ない他部署との交流のきっかけができ、コミュニケーション促進が期待できます。また、社内報を作り上げるまでには企画をつくることはもちろん、原稿作成やデザイン、校正など多くの業務があります。スケジュールを立てて作成に取り組みましょう。

「記事の作成」をしよう

企画が決まったら次は記事の作成です。原稿を依頼して書いてもらう場合には内容・文字数・原稿の提出日を決めてお願いするようにしましょう。インタビューを企画とするなら取材が必要です。取材や原稿依頼で集めた情報を元に記事を作成していきます。写真を掲載する場合には撮影も行います。まずは大まかな文章の構成(プロット)を考えます。大切な要点はなにかを意識して形にすることで文章がまとめやすくなります。文章が出来上がったら推敲をして文書を練り直します。何度も確認をして内容のわかりやすい記事にしていきましょう。

「レイアウトとデザイン」を決めよう

読みやすくて見やすい、レイアウトやデザインは重要です。ページ数を決め、どのような構成にするか決めていきます。おおよその文字数・使う予定の画像を考慮してラフのレイアウトを作成し、実際に使うデータが入ってきたら内容に合わせて整えていきます。

「校正でチェック」は重要な作業

レイアウトが完成したら、最後に校正を行います。名前・役職など、誤字がないか確認しましょう。複数人でチェックしたり、原稿担当者に見てもらうことでミスをなくすことが出来ます。

社内報とは、会社のトップや特定の部署が社に所属する者全員に伝えたい情報を掲載した広報紙のことです。人事異動や休憩時間の変更といった周知徹底が必要な情報や、研修会の開催予定などが盛り込まれます。

今やタイムレコーダーもアプリやクラウドで行う時代!

タイムレコーダーアプリってどんなものなの?

タイムカードによる手作業で行っていた勤怠管理と、その集計や給与計算作業、これは企業にとって大きな負担になる作業です。そんな手間を軽減してくれるのがタイムレコーダーアプリです。最近では勤怠管理に加え、勤怠の自動集計・給与計算もアプリ一つで行える便利なものもあります。導入方法も非常に分かりやすいものが多く、アプリをインストールしてアカウントを作成すれば良いというものまであります。

タイムレコーダーアプリの特徴とは?

タイムレコーダーアプリのメリットは手軽に導入でき、勤怠関連の作業にかかる時間を短縮できるという他にも、不正を防ぐという事が出来るメリットもあります。タイムレコーダーアプリには指静脈認証や顔認証など、本当にその人ではないと出退勤申請が出来ないタイプの方法を提供しているアプリも少なくありません。こうした不正を未然に防ぎ、余計な経費を抑えることが出来るという事もアプリを導入するメリットの1つです。ただ、こうしたアプリを導入する時は、社内の他のシステムとの連携が出来るかどうかという事を確認しておく必要があります。

アプリとも違う、クラウド勤怠管理システムとは?

さらに最近ではクラウド勤怠管理システムというのもあります。勤怠管理をクラウド上で行う最大のメリットは、アプリのようにソフトをインストールする必要が無いという点です。アプリのインストール作業には時間がかかりますし、何より全従業員のスマートフォンなどに対応させなければいけません。クラウド型の物であればそうした手間が省けるほか、自社でシステムを作成しなくても良いというメリットもあります。ただクラウド型の物は、ITシステムに慣れていない人には若干使用しにくい可能性があるという点に注意が必要です。

タイムレコーダーは、職場内の社員の出退勤時間の管理だけでなく、休暇の申請状況も把握することができます。

初めてでも簡単に挑戦できるオリジナルの紙袋

オリジナルの紙袋は自分で作ることも可能

店舗やサークルで物を販売する際、オリジナルの袋を使っているところは少なくありません。オリジナルの店舗名などが入った袋を持った客が街中を歩けば、様々な人に店の存在を知ってもらえるきっかけにもなります。ワンポイントを印刷した紙袋なら、作り方も簡単なので初心者でも挑戦しやすいでしょう。もし、小さな店舗やサークル等で枚数が少ない時は自分たちで作成するという方法もあります。その場合は、無地の紙袋をまず用意してください。次に、プリントしたいマークや文字を考えパソコン上でデータを作成します。作成したデータを家庭用プリンターでシールタイプの用紙にプリントアウトし、紙袋に貼り付ければ完成です。小さい袋なら、模様等をプリントアウトした紙で作ってみるという方法もあります。

枚数が多い時は依頼した方がオススメ

家庭用プリンターがあれば、オリジナルの紙袋は簡単に作ることができます。しかし、大型の店舗やサークルで大量に袋が必要な時は1つずつ作っていくというのは大変です。枚数が必要な時は印刷屋に依頼した方が簡単なだけでなく、1枚あたりのコストも抑えられるでしょう。業者に作成を依頼する際は、既存の紙袋に用意したマークや文字を印刷してもらいます。印刷してもらいたいデザインは、手書きで作成しても大丈夫です。デザインするときは、1色刷りかフルカラーなど印刷方法を最初に選びましょう。1色刷りの時は、黒一色で原稿を作成していきます。フルカラーの時は、蛍光色など印刷で再現できない色もあるので注意が必要です。

紙袋の印刷は、ショップの買い物袋やノベルティーなどで使用されることが多くあります。オリジナルのデザインでもWebから簡単に注文することができるものも多くあり、最低注文数や価格などはさまざまです。

ポリ袋の印刷を専門業者にお願いするときに確認すべきこととは?

オリジナルのデザインに対応してくれる業者を選ぼう

様々なイベントや販促活動のためにオリジナルのデザインのポリ袋を製作したい場合には、長年にわたる実績のある印刷業者に対応を任せることがポイントです。最近では、ネット上でポリ袋の製作に使用できる様々な種類のデザインのテンプレートを掲載している業者も増えています。そこで、早いうちから各地で評判の良い業者のホームページをチェックして、理想的な業者を探してみましょう。また、ポリ袋のデザインによって製作費用に差が出ることがあるため、顧客サービスの良い業者にメールやFAXで見積もりをお願いすると良いでしょう。最近では、ポリ袋の発注数や希望のデザインを選択することで、すぐに見積もりの金額を教えてくれる業者もあり、初めての人も安心して注文をすることが可能です。

ポリ袋の製作に掛かるおおよその納期をチェックしよう

ポリ袋の製作に掛かる期間は、発注枚数やデザイン、サイズなどによって大きく異なるため、余裕を持って評判の良い業者に問い合わせをすることがおすすめです。特に、デザインを重視してポリ袋の製作を依頼する場合には、一週間から一か月程度の製作期間が必要となることがあるため、なるべく早い時期に契約先を決めることがポイントです。また、各地で多くの法人や消費者から支持を受けている業者の中には、納期を早めるためにスタッフを増員したり、最新型の印刷機を導入したりするところもあります。そのため、納期にこだわって依頼先を選びたい時には、身近なところにある業者の取り組みをよく比較してみると良いでしょう。

ポリ袋の印刷を大量にしてもらうには、専門の印刷業者に依頼する方法が費用が安くて速いのでおすすめです。

どんなメリットがある?法人PCをリースで導入するときのポイント

導入や契約における注意点とは

法人PCをリースで導入するには年単位など長期間の契約が必要です。使いたいPCを指定して、審査が終わり次第すぐに手配してもらえます。リース期間は物件の法定耐用年数と国の税務通達によって決まり、3~5年となるのが一般的です。リース代には保険料も含まれていて、火災などで物件が損失した場合には保険が適用されます。リース期間中の解約はできないので注意が必要です。やむを得ない事情で途中解約する場合、残りのリース代を支払ってPCも返還しなければなりません。

PCのセットアップは自分たちで行うのが基本で、付属品の交換などメンテナンスを頼みたい場合は別途保守契約を行います。PCの所有権はリース会社にあり、リース期間が終了しても所有権が移ることはありません。導入したPCに初期不良や製品不良があった場合も、すぐに交換や修理対応をしてくれるので安心です。リースの会計は売買処理となり、条件によっては賃貸借処理になるケースもあります。

リース代以外にかかる料金は

PCやネットワークの設定などオプションを追加した場合は別途料金が発生します。会社によってさまざまなオプションがあるので、まずは見積もりを出してみるのがおすすめです。リースは長期での契約が前提になるため初期費用も少なく抑えられます。迷ったときはレンタルや購入のコストと比較してから検討するのも良いでしょう。導入や契約で分からないことがあったら、リース会社へ気軽に問い合わせてみて下さい。

BTOとは注文を受けてからパーツを組んだ完成品を出荷する方式のことを指しています。この方法では既製品の在庫が残らないというメリットがあり、主に自動車やパソコン等を製造する際に用いられています。

自営業に挑戦するときは覚悟を持つことが一番大切です!

お給料がなくなることの意味を理解する

会社勤めをしていますとあまり意識することはありませんが、毎月お給料がもらえることはとても大切です。生きていくためには衣食住が必要ですが、それらを確保するにはお金が必要です。そのお金を得る手段が仕事であり、その対価として得られるのがお給料です。お給料があってこその日々の営みです。ですから、毎月お給料をもらえることは安心感につながります。

自営業者になるということは、そのお給料がなくなることを意味します。会社勤めの場合は働いていさえすればお給料というお金を得ることができますが、自営業者の場合は働くだけではお金を得ることはできません。自営業者は働いたうえに利益を出す必要があります。どれほど必死に働こうが利益が出なければ得られるお金はゼロ円です。自営業を始める際はそのことを意識することが大切です。

継続してはじめて自営業者になったことになります

独立に関する本などで注意を要するのは、独立するまでの過程を紹介している内容が多いことです。独立する業種としては飲食店が多いですが、その飲食店の例でよく見かけます。例えば、昼間の仕事のほかに夜も仕事をして資金を貯めた話とか普通の人が就かないような大変な業種で必死に働いて資金を貯めた話などを紹介しています。

このように努力して自営業者になったという例を紹介しているのですが、実は自営業者で重要なことは自営業者になることではなく、自営業者を継続することです。仮に、自営業者になったあとの収入が会社勤め時代よりも少なかったなら金銭の面だけで考えるなら自営業者になった意味がありません。もし赤字になどなっていたなら尚更です。

自営業者を目指す人はどれだけ長く継続できるかを考えて行動することが一番大切です。

フランチャイズ選びで大切なのは、持続可能性です。自身が50代、60代になっても続けていられるのか、信頼できるパートナーに後を任せられるのかはしっかりと検討する事が大切です。