自宅での太陽光発電のメリット!!とデメリット!?

自宅での太陽光発電のメリット

最近では、自宅での太陽光発電は当たり前になっています。そこで、自宅での太陽光発電のメリットとは何があるでしょうか。メリットには、電気代が安くなる、電気を売ることができる、停電しても電気が使用できる、の3つあります。太陽光発電を行って得られた電気を自宅で使用することにより電気代を安くすることができます。発電により得た電気のうち余った電気は電力会社に売ることができます。そして、売ることで収入を得ることが可能です。そして、昼間に停電した際には、太陽光発電で電気を使用できます。

自宅での太陽光発電のデメリット

自宅での太陽光発電には、メリットだけでなくデメリットも当然存在します。デメリットは、太陽光パネルにより景観が変化する、パネルの重さが家に負担をかける、悪徳業者の存在です。太陽光パネルを設置する場所は基本的に屋根になります。そのため、屋根の色が太陽光パネルの色と異なる場合は景観が変化してしまいます。パネルとパネルを固定するフレームなどを屋根に設置するため、屋根に負担がかかることになります。太陽光発電の工事はちゃんとした知識や経験をもった業者が行う必要があります。しかし、安く売るために工事をずさんに行う悪徳業者も存在します。

自宅での太陽光発電は慎重に

自宅での太陽光発電に関して、メリットとデメリットを述べました。メリットだけを見ると、電気代が安くなったり、収入が得られたりするので、自宅での太陽光発電は良いかもしれません。しかし、悪徳業者の存在や家への負担などデメリットもあります。そのため、自宅での太陽光発電の導入はしっかりと考えてから行いましょう。

太陽光発電の価格は年々に引き下げられています。このように売電価格が下がるということは、売電収入が減ることになります。