起業をするにあたってお金を調達したいならベンチャーキャピタルを利用しよう

貯金や家族からの借入だけを資金にすると心許ない

起業をするにあたって、お金の調達はかなり重要な部分です。というのは、起業してからすぐに利益が出て現金がどんどん入ってくるということはまずなく、しばらくの間、お金は出ていく一方です。当然、そこで資金がショートしてしまえば会社を続けていくことはできません。そのため、収入がなくても業務を続けていけるだけのお金が必要になります。

会社の規模、事業の方向性によっては貯金、家族からの借入などである程度まかなえるかもしれませんが、最初からかなりお金がかかるという場合、ベンチャーキャピタルに出資してもらうというのも一つの手です。

事業計画書を出してベンチャーキャピタルを納得させる

では、ベンチャーキャピタルにお金を出してもらうためにはどうすればいいのでしょうか。一番重要になってくるのは事業計画書です。どういう会社を始めようとしていて、どれぐらいの利益が期待できるのか、また、利益を出せると考える根拠はなにか、会社をどうやって成長させていくつもりなのかといったことを事細かに書いて提出なければなりません。ベンチャーキャピタルは成功しそうな会社に投資して利益を出すことを目的として運営されており、納得できなければ、当然、出資を断ってきます。

また、ベンチャーキャピタル自体の規模や方向性を見極めることも大事です。将来の上場がほぼ確実な会社にのみ数十億出資するというところもあれば、今は無価値だけど将来有望と思える会社に数百万円出資するというところもあります。自分の会社の方向性と合ったところに申し込むといいでしょう。

フランチャイズ選びで大切なのがサポート体制です。本部側のサポート体制がどれだけあるかで、開業後の店舗運営が変わります。オペレーションのプロとして頼れる本部か否かは事前にチェックしておきたい所です。

こうすれば失敗しない!?ビジネス向け倉庫の借り方

倉庫を借りる時に気をつけるポイント

ビジネスでは商品のやり取りをする機会が多く、在庫を管理するスペースが必要になります。自社で倉庫を持っているならば問題ありませんが、ない場合は借りなければいけません。借りる時は立地や大きさも重要になりますけど、車が使えるかどうかも調べておくべきです。

倉庫を借りる時に大きさなどの情報は、簡単に得られますけど道路事情は多少分かりづらいです。実際に見てか確認しないと分からないケースも多く、利用する時は準備しておかなければいけません。荷物は車で運ぶ場合が多いため、積み下ろしができるスペースが必要です。そのような情報も事前に調べておけば、実際に借りた時に問題が起こらずにすみます。

ネットからでもできる倉庫の確認

倉庫を借りる時は実際に見るのが一番良いですが、何らかの事情で対応できない場合もあります。現地に行くのが難しい時は、ネットを使って情報を得るやり方も便利です。倉庫を提供している所では建物の大きさや、周囲の環境についてサイトで公開しています。詳しい見取り図も提供していて、具体的な情報を得られるため安心です。

在庫の管理ができる倉庫は便利ですけど、犯罪に巻き込まれる可能性もあります。価値のある商品を沢山保管するので、それを狙った犯罪は起こりやすいです。倉庫を利用する時は防犯対策も重要で、どのような対応ができるか確認がいります。建物の状態や防犯体制については、ネットからでも十分に情報を得られます。実際に泥棒などの被害を受けた時の、保証がどうなっているかも分かるので便利です。

3PLとは、物流業界の荷主と運送業者との不具合事項を、別の第三者が、その不具合の解決を図るために企画運営を行うことです。