どんなことをすればいい?社員研修のタイプ3選

どんな社員研修を開けばいいのかわからない!

社員研修担当になったとき、1番初めに悩むのは「一体どんな研修を開けばいいの?」ということです。研修にもさまざまなタイプがあり、受講対象や学べることもそれぞれ違います。そこで、社員研修の代表的なタイプを3つご紹介します。

キャリアに応じて学ぶ「階層別研修」

階層別研修とは、社員のキャリアに応じて受講対象を分けて行う研修です。新入社員研修、中堅社員研修、管理職研修などの種類があります。それぞれのキャリアにおいて必要な知識や能力を学ぶことができます。

より深い専門性を身に付ける「職種別研修」

職種別研修とは、それぞれの職種に応じて行う研修です。それぞれの職種に関し、必要なスキルや能力を学ぶことによって、より専門性を高めることができます。

ビジネスに役立つスキルを学ぶ「スキルアップ研修」

スキルアップ研修とは、ビジネスの上で必要な知識・技能・能力に関してスキルアップをはかるために行う研修です。階層や職種を問わず受講者を募ることができます。ロジカルシンキング、プレゼンテーション、ファシリテーションなど、ジャンル別に研修が設けられることが多く、ビジネススキルに関して幅広く学ぶことができます。

社員にも会社にも役立つ社員研修をしよう!

社員研修のタイプによって、受講対象者や、身に付けられるスキルは異なります。社員研修を企画するときは、どのような社員を対象に、どのようなことを学ばせたいのかという目的をしっかり設定することが大切です。研修を受けることによって、社員は自分の成長に繋げられますし、社員の育成が進むことは会社にとっても有益です。よく検討して企画を練り込み、よりよい研修を行いましょう。

管理職研修は、経営視点を持った、優秀な人材となる為の管理職の研修です。プログラムは基礎コースから、上級訓練コース迄あります。