快適に使える!ニーズに合わせた自作PC!

自作PCって何だろう?

自作PCとは、CPU・マザーボード・メモリー・HDD・SSDなどの部品を、自分で構成を考えたり、あらかじめ部品の構成が決まっているキットを購入したりして自らの手で組み立てることです。ドライバーなど簡単な工具のみで組み立てることができます。

自作PCのいいところ!

一つは、自分の好みに合わせて組み立てれるところです。「たくさんのゲームを快適にプレイできるパソコンを作りたい」、「動画を編集したい」など様々なニーズに合わせてパーツを選ぶ(ゲーミングPCの場合、グラフィックボードを組み込むなど)ことにより、PCを快適に楽しむことができます。

二つは、最新のスペックに変えることができるところです。ノートパソコンなどの場合、スペックが低くなってくると丸ごと買いかえることが多いと思います。しかし、自作PCの場合、CPUやメモリーなどスペックが足りていないPCパーツを替えるだけで、高スペックなPCが利用できます。そのため、丸ごと買いかえるより、安く、高性能なPCが利用できるのではないでしょうか。

自作PCの悪いところ!

自作PCの悪いところは、高性能なPCを組み立てようと思えば思うほど、パーツの値段が上がるところです。これは自作PCだけではありませんが、やはり最新のスペックの物を組み立てるとなると、何十万以上の金額となってしまいます。

そこまで、高性能なPCはいらないという人は、値段が通常より安いジャンク品から構成を考え、組み立てるのもアリでしょう。しかし、値段の分、性能が落ちてしまうので、財布と相談しながら決めましょう。

自作PCのまとめ!!

どうでしょう。自作PCの魅力分かっていただけたでしょうか。気軽につくれるので、皆さんも挑戦するのはいかがでしょう。

プリント基板設計は、その基板自体がどういった役割を持っているのかや、どのようにして作成されているのか分かる専門業者がおすすめです。